EFT は、アメリカ人パフォーマンスコーチのゲイリー・クレイグ(Gary Craig)によって開発されました。そもそもEFTの開発の基となったのは、アメリカの心理学者ロジャー・キャラハンによって開発されたThought Field Therapy(思考場療法)と呼ばれるセラピーです。キャラハンの患者の一人に、あらゆる伝統的な心理療法を一年半試しても、ほとんど改善がなかった深 刻な水恐怖症の女性がいました。「水を見るとみぞおちがむかつく」と訴えていた患者に、キャラハンは胃のツボの一つである目の下をトントンと叩いてみるこ とを思いついたのです。すると、驚くべきことに、その患者の水恐怖症はあっという間になくなってしまいました。このことをきっかけにキャラハンは、ツボを 叩くことにより、多くの恐怖症や感情的問題、身体的問題に効果をもたらすTFTを開発しました。

ゲイリー・クレイグはキャラハンのTFTを学び、自らの経験から、さらに改善、簡略化し、現在のEFTのかたちにまとめました。そのため、TFTと比べて、手順がシンプルで所要時間もかなり短縮されました。

 

EFTってどんなことをするの?


解決したい問題に意識を集中させながら、顔、胸周辺、手などの主要なつぼを軽く刺激していきます。この刺激によって、体の中にブロックされていたエネルギー(気)の流れが良なり、トラウマや、不快な記憶、身体症状、ストレス、ネガティブな感情を解放します。
そのためEFTは、「鍼を使わない感情の鍼治療」とも呼ばれています。

EFTのベーシックなやり方を説明しています。

EFTを実践的な形式で説明しています。

タッピングポイントタッピングポイント-01

エネルギーセラピーの普及と質の高いセラピスト育成を目指した組織であるJMET(JAPAN Meridian and Energy Therapy 経絡とエネルギーセラピー)の提供するEFTプログラムをベースにしています。
ハートレジリエンス協会、JMETがご紹介しているEFTは、EFTの開発者であるゲイリー・クレイグによって認定され、国際的にも最も認知されており、欧米での歴史と豊富な経験に裏付けられたEFTプログラムです。
EFTのセッションの様子はこちら(セッション事例)

 

 

どんなことに効くの?


  • 眠れない
  • ストレスが高い
  • イライラする
  • 悲しみから立ち直れない
  • やる気が起きない
  • 無力感がある
  • 不安な気持ちになる
  • 記念日反応がある
  • パニックになる
  • 罪悪感から抜け出せない
  • ときどき怒りが抑えられない
  • 気分が落ち込む
  • 落ち着かない
  • 集中できない
  • 緊張がとれない
  • 悪夢、閉じこもり
  • 過度の反応
  • フラッシュバックなどPTSDの症状
  • 飲酒への依存
  • 突発的または慢性的不安感
  • 疲れやすい 頭痛・肩こりなど身体的症状

など、感情面、身体面に働きかけて、健康な状態に戻すことができます。