株式会社日本政策投資銀行様にて、「心とストレスのしくみ」についてお話をさせていただきました。(2016年6月13日)
日本を代表する金融機関での研修でした。

ストレスとは何なのか?
またストレスが溜まるというのはどういうことなのか?
を解説していきながら、

ストレスがたまって、不眠やうつなどの悪循環に陥らないための方法として、
◎感情を解放すること(感情が解放されると、緩やかに状況への認識が変化するので、無理やり言い聞かせたり、精神論もいらないのです)、

◎思いの中から「事実」と「解釈」に分けていくこと(私たちは実は自分が考えていることが事実だ、と思っていますが、よく見てみると解釈に満ちた世界を事実と思っていることの方が多いのです)

ということをお話させていただきました。

「ストレスケア」といった時に、「ストレスを生みだす本当の原因をみていく」という視点がまだまだ欠けているのが現状だと思います。

また、その時に、実際に心の中で何が起きているのかを見ていくことが必要になるでしょう。そして、それはまたその人それぞれユニークなものだったりもするでしょう。

ハートレジリエンス協会では、実際に実のあるケアの方法をこれからも伝えていきたいと思います。

写真1

写真2

写真3

Leave a Reply

Your email address will not be published.