ハートレジリエンス協会代表の溝口あゆかが、東京新聞の「東北復興日記」に寄稿させていただきました。

東日本大震災からまもなく5年。

引き続き、復興地の人々の心に寄り添って「心の復興活動」を行っていきたいと思います。

<以下本文より抜粋>
「・・・震災から5年がたち、被災者のメンタルケアはもう必要ないと考える人もいるかもしれません。

しかし復興地ではすべてがまだ進行中であり、過去が過去のことにならない現状や新たなストレスもたくさんあります。

気仙沼ではたくさんの人が亡くなった繁華街が今も更地のままです。
そんな風景は復興地のあちこちにあり、それらを毎日見る人々の心がある限り、心の復興活動もまだまだ続きます。」

ハートレジリエンス協会 新聞掲載

Leave a Reply

Your email address will not be published.