2015年12月1日より多くの企業に「ストレスチェック制度」が義務付けらることとなりました。その背景には、過労うつなど、精神疾患での労災認定が、
過去10年と比べて4倍になっている(2014年度)など、メンタル面で苦しむ人が増えてきたこと、また企業にとっては労働力の損失といった問題があります。

これまでうつに関しては、まじめな性格の人がなりやすいなど性格的なもの、または環境のせいだから、静養することで良くなるはずといった考え方が主流となっていました。

しかし、うつで休職している社員の復帰率は高いとは言えず、また前途有望な学生が引きこもりとなってしまう傾向も増える一方です。

ハートレジリエンス協会では、重度のストレス、トラウマなどを欧米で進められているセラピーの知識や経験をベースに、これまで多くのケースにおいて高い結果をだしてきました。

そのような知識と経験をもとに、企業や大学などへストレスとはそもそも何か?どう対処すれば良いのか?など実際に役立つストレスマネジメント講座を提供しています。

<過去の実績>
2016年12月8日  東工大×一つ橋大学「グローバルリーダー教育院」の学生のみなさんに「心のしくみ講座」を実施しました

2016年6月13日   日本政策投資銀行様へ「ストレスケア講習会」を実施しました

2015年12月20日 東工大×一ツ橋大学「グローバルリーダー教育院」

2014年11月12日  ユニリーバ・ジャパン様へEFT研修を行いました